-血統がない王太子と 血統の消えた王子と 血統を捨てた王女-

□#cahar【戦士を目指す者】
1ページ/4ページ




王宮を そして王都 エクバターナを震撼させた火災から、3ヶ月が経つ。


民達は 親愛なる王、そして 王子と王女 御三方を失い、絶望にまみれた。

3ヶ月という月日が過ぎても、未だ哀しみは消えない。


それは“彼女”も同じであったが、徐々に前へと進んでいた。



「ローゼンタール〜、ちょっと来てー!」


『はーい、母さーん!』



商い区の外れ。

王都の端辺りになるその家では、少女と母がいた。



「服をたたむの、手伝ってくれるかしら?」


『勿論です! …あ、じゃなくて…分かった…!』



赤茶の髪に、薄桃の瞳。

「ローゼンタール」それが“彼女”の名。

因みに自分で考えたそうだ。



『うぅ…中々慣れませ、ない…』


「そんなに慌てなくてもいいのよ。

 これから、ずっと一緒なんだから」



ニコリと笑う、少女の母になってくれた女性 ルミジエ。

今は居ないが、父のジーグ。


現王となった アンドラゴラスの命によって、王宮を追放され [#ruby=自由民_【アーザート】#]に。

王女としての身分を捨て、普通の女の子になったのだ。

それにあたり 口調を変えていこう、という事になり、絶賛練習中という訳である。



『えっと…たたみ方は…こう?』


「そうそう、合ってるわ。


 シワが出来ないように、時折伸ばして…───」



覚えなければならない事も多い。

日常生活においてのルールや 家事など。


逃げてばかりだったとはいえ、身の回りの世話は お付の侍女がやっていた。

言うなれば 箱入り娘と同じ。


最近になって、そちらは慣れてきたとか。



[ゴンゴンゴン!]



ひと段落つきそうだった頃、入り口の戸を叩く音が。



「あら、お客さんかしら…

 ローゼンタール、お願いできる?」


『は…じゃなくて、うん!』



膝上の衣類を床に置き、立ち上がってトテトテと 戸に近付く。



『は〜い、どちら様で…───』



ドアを開き、外の人物の顔を確認した瞬間、少女は言葉をとめた。


それは ローゼンタールにとって、予想外の人だったから。



『あ…え…なん、で…?』


「…私がいて、驚かれましたか?“王女様”」



彼女を「王女」と呼んだ男。


3ヶ月前、別れた家臣。



『ヴァ…ヴァリッ!!』


「おっと…!

 …ハハハ、お元気そうで何よりです」



大将軍【エーラーン】へと昇進した彼 ヴァフリーズ。


多少すれ違いがあったとはいえど、自らが信頼できる人物のひとりなのである。



*
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ