-血統がない王太子と 血統の消えた王子と 血統を捨てた王女-

□#seh【偽りの死】
1ページ/6ページ


【夢主side.】



私には、強くて優しい兄がいました


名前は「ヒルメス」というのですが、

私自身 愛称を考えるのが好きなので『ヒース兄様』とお呼びしています


2歳上の兄は 万騎長【マルズバーン】のバフマンから、

剣技を習ってらっしゃって、初陣前だというのに 凄くお強い方でした


たいして私は 同じく 万騎長【マルズバーン】のヴァフリーズ…ヴァリに、

剣技を少し習いましたが、兄様のように上手くできません


兄様の力になれない事が悔しくて いつも泣いてしまうのですが、

兄様は咎めもせず、抱きしめてくれました


私はヒース兄様が大好きです

そんな兄様を、いつかちゃんとお守りして お助けしたい


私の小さな願いは、予期せぬ形で叶えられました

引き換えに、兄様と二度と“会えなく”なりましたが…


それでも、兄様が無事なら それでいいんです


このまま 叔父様の元へ行って、殺させることになっても。



*
次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ