-血統がない王太子と 血統の消えた王子と 血統を捨てた王女-

□#sefr プロローグ
1ページ/1ページ




年月って、人それぞれだと思わない?


哀しくて忘れたいことがあったら、年月経つとマシになったり

逆に、いい事は 懐かしい想い出になったり


もちろん人によって違うし、年齢でも違う

感じ方とか、気持ちもね


あたしは この25年…正確にいうと 16年の歳月で、変わっていったものがある

昔あれだけ抱いていたのが 今では“そんな事”どうでもいいもの


それより、大事なことができた

命を懸けても、護りたいものができたの


あたしの…【大切な弟を護る】っていう、ね。



*
次の章へ
前の章へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ