陰と陽




ようこそ我が屋敷『陰と陽』へ


ここは特別な夢を見ることが出来る処なんだ



僕は陰…この世の闇を司る者さ



君を素敵な夢へと導いてあげるよ


さあ、君はなにをお望みだい?



夢を見たいのならこの部屋へどうぞ
きっと探し求めていたものが見れるはずだよ

書庫






あれ?

もうお帰りですか?


僕は陽…この世の光を司る者です


夢から目覚めた貴女を元の場所へとお送りいたします


そして、また夢をお望みならば陰の元へ貴女を誘いましょう



また会える日を楽しみにしていますね






ブックマーク|教える
訪問者1335人目




©フォレストページ