-+夢+-

□黒く輝く。
1ページ/5ページ






キルアと一緒に走り
二次試験会場に無事着きました!





「はぁー長かった…」

「そうだな〜、もう当分走りたくねーよ」




欠伸をしながらキルアは
気怠そうに言う




「あ、そういやヒソカは??」

「そうじゃん。あ!あれヒソカだぜ」

「ほんとだ!おーーーいっ!ヒッソカー!」

「あっおい!リサコ…そんな大声であいつ呼ぶなよ…」



大声でヒソカを呼ぶと
ヒソカが木の辺りを指差した



「リサコ、アッチ♡」

「ん?あ!いたいたレオリオ!あれっゴンとクラピカは?」

「キーールアーー!リサコーー!」

「ゴン!」

「ゴン〜!」



ゴンとクラピカが会場に着いたようだ




「やっと着いた〜キルアとリサコにもう会えないかと思ったよ〜」

「全くだ」

「お前どんなマジックを使ったんだ!?もう戻って来れないと思ったぜ?」

「レオリオの香水だよねゴン♡」

「うん!香水の匂いをたどってきたんだよ」

「犬かお前…」

「えへへー!」

「盛り上がっている所悪いが、レオリオはどうしたんだ?」

「あっ忘れてたーアッチだよアッチ!」




レオリオの所へ向かう主人公ご一行様




「レオリオ!」

「あ?…あれ?俺どうしたんだっけ??」

「…何があったか言わない方が良さそうだね(笑)」




レオリオは原作通り、
ほっぺたをヒソカにブン殴られたようで腫れていた
そしてタイミング良く
ジリリリリーーーーーー
と二次試験開始の鐘が鳴った
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ