-+夢+-

□黒く輝く。
1ページ/6ページ






ガラガラっと定食屋の扉を開け、中に入る




「いらっしゃーい!」

「(あ、ピクッてするおじさんか!?)あのーステーキ定食1つ!」

「(ピクッ!)…焼き方は?」

「(ピクッてしたああああ!)弱火でじっくり!」

「お客さん、奥へいきな」




奥の部屋に入るとエレベーターが動いた




「うわーやばっ!とうとうヒソたんに会える!」




ステーキ定食を食べながら乗っていると
チンっと音がし扉が開いた




「ようこそ、ハンター試験へ!はい、どうぞ」

「(マーメンさんではありませんかああああ!)ありがとー」




失礼なことを考えながらプレートをもらうと
受験番号66番だった





「(狽ヲっやば!66番とか神ってるでしょコレ!ヒソカの誕生日番号キターーーーーーー∀)ニヤニヤニヤニヤ」




ニヤニヤしながらヒソカへの愛を巡らせているうちに
鼻のデカいアイツが近づいてきた




「よぉ、嬢ちゃん!ルーキーだろ?お近づきのしるしに、これやるよ」

「(鼻デカ!…ってかこれって下剤入りのジュースだよね?)おじさん、これ下剤入ってるよね(黒笑)」

「んな…っ!?そんなわけないだろ(汗)」

「とりあえず私下剤入りのジュースとかいらないから。じゃね!」





ウザイキモイトンパ野郎から離れ
少し辺りを見回していると
ヒソたんファンなら見たいあのシーンがやってきた





「ぎゃああああああーーー!!」

「あーら不思議♢腕が消えちゃった♠人にぶつかったら謝らなきゃダメじゃないか♡」





「(おおうやっぱりグロいなヒソカ!てかヒソカ見つけちゃったよっイケメン!♡)」←





そう思ってるうちに
ジリリリリーーーーーーと開始の合図が鳴った
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ