ゼロ距離
夕暮れの公園を友達と全力で走った。距離が、消えたような浮遊感。
ゼロ距離だった。

スタートライン

生態
現実
非現実
現夢
裏部屋



もう日が暮れた。走る事が出来なくなった。家まであと少しだ。
またね。


ブックマーク|教える
訪問者517人目




©フォレストページ