CR覇王信長の潜伏確変を判別する方法


大当たり確率319分の1と比較的当たりやすいスペックで、
STの継続率が80%ならメチャクチャ甘いんじゃないか、と勘違いしそうなCR覇王信長。


俺も最初はそう思っていたんだけど、実は結構きつめのスペック。
原因は初当たりの約20%が潜伏してしまうってところにある。


普通のミドルスペックの機種だったら、たとえ確変の潜伏を最初に引いてしまったとしても、
最終的には単発大当たりを引けるので、ある程度の出玉は保障される。


STだとこれが無いからね。
最悪のパターンだとSTの潜伏を引いたは良いけれど、そのまんま確変を抜けてしまって、
出玉を得られるずに大当たり終了、なんてパターンもある。


だから最初は出玉ありの大当たりを引きたいわけだけれど、さすがに毎回そういうわけにはいかないよな。
パチ ンコを打つ上で、どうしようもないことの一つだし。


そんなことより、打ち手として気をつけなきゃいけないのは、
せっかく引いた潜伏確変を捨てないようにしなければ、ってことだよ。


7セグを見れば判別できるのだけれど、この機種の場合、意外と実践している人って少ないよな。
最低限の知識として、小当たりを含むなんらかの当たりを引いた場合STの回数である70回ほど回せば
問題無いのだけれど、やっぱり素直に7セグでチェックすることを勧めるよ。


ブックマーク|教える
訪問者211人目




©フォレストページ