Dark

□悲しい勝利
1ページ/3ページ




<<死合終了ー!優勝者はNo.32 幸村精市君!>>




ノイズ混じりの放送も



目の前に広がる赤も



今の俺には何の刺激にもならない





自分がイップスにおちいってるような感覚


自嘲したくなる





俺が表情一つ変えられず

指先一つ動かせずにいると


黒服の男達に連れて行かれてしまった










そして目覚めた時には病室のベッドに寝かされていた




一瞬状況が全くわからなかったが、記憶を少したどっただけで全てを思い出した




悪夢のような3日間


忘れるワケがない



「みんな...」



もうここにはいない




俺が殺したから



立海の生徒は全員俺が殺した



どうやってとかそんなことまでは覚えていない




ただ、みんなの最後の表情




――全員、笑っていた――




それだけはまぶたの裏に焼きついて、今でも俺を苦しめる




ナンデ、キミヲコロシタオレニ、ホホエムノ――?





いくら考えたって答えなんて出てこない



そもそも答えなんてあるのかな?



もし、あったとしても俺にそれを知る権利は与えられていないだろうな―――






自分の両手を見る



病室と同様に、血の気のない、白い手



肉を切り、返り血を浴び、たくさんの命を奪ってきた






今でも残るその感覚は3日前の自分を戒めるよう





ため息を一つついて、手をパタンとし下ろす






.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ