Dark

□夢幻
1ページ/4ページ



ある放課後のこと



桃「英二先輩!帰りマック寄って来ません?」

菊「行く行く!!おチビも行こうよ〜!」

越「じゃ、英二先輩の奢りで!」

桃「え、いーんすか?ご馳走様です♪」


いつものように、後輩達と冗談を言い合って


菊「も〜!まだいいなんて言ってないだろ〜!!」


いつものように笑い合って


桃「んじゃ行きますか!!」

いつもの店へいつもの道を通って行く



*****



桃「ご馳走様でした!うまかった〜」

菊「もう!次はないかんね!!」

越「あ、そろそろ行きますか?」

菊「んにゃ〜そうしようか〜?桃、おチビ、じゃーな!」

桃・越「さよならっす!」

そして、遅くならないうちに別れて


菊「ただいま!」

母「おかえり、英二」


いつもの時間に家に帰れば
家族が迎えてくれて





本当に、本当に、いつもと全く同じだった―――


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ