その他

□いっしょに。
1ページ/1ページ

「私の歌が好き?」

「はい!」

「そっか。ありがとな」

悪魔の格好をした女の子は天使のように微笑んだ。

彼女の名前はユイ。

私の歌が好きだという。
陽動作戦がある時、色々と手伝ってくれて…いい子だと思う。

「ユイも音楽やるのか?」

「はい!ストリートライブもして、結構ファンもいるんですよ」

「そうか…一緒にバンドやれるといいな。リズムギターなら開いてるぞ?」

「別に私1人でも大丈夫だが…」

「あーひさ子さんがヤキモチ妬いてるー」

「私1人で大丈夫だって感じだねー」

関根達がひさ子をからかう。ひさ子の顔は真っ赤だ。

「なんだ妬いてるのかひさ子?」

「んな訳ないだろっ」

「そうか」

「私なんてまだ全然ですよっ」

ユイは遠慮したけど、私はユイとバンドがしたいと思った。

その時はユイにコーラスをやって貰おう。

楽しみだな。



「ユイ…」


最後の歌を歌い終えた私はユイの名前を呼んだ。

後は頼んだぞ、ユイ…

一緒にバンド出来なくてごめんな…

大好きだよ。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ