その他

□My Song
1ページ/1ページ

死んだ世界でも音楽が出来る私達はきっと幸せなんだと思う。

「岩沢、新曲できたのか?」

夕日の光が射して、部屋はオレンジに染まっている。
アコギを弾きながら、口ずさむ岩沢に私は話し掛けた。

「うん。でもこれは陽動には向かないかもな」

岩沢から歌詞の書かれた紙を受け取り、そこに書かれたタイトルを声に出して読んだ。

「…My Song」

「ああ…バラードだけど」

「バラード…」

岩沢はそう言うと、またギターの弦をピックで弾き出し始めた。

「なんでまたバラードなんだ?」

「さあ?ただ、私が歌いからだと思う」


私の歌か…

「岩沢はここで歌が歌えて幸せなのか?」

「うん。幸せだよ」

好きな歌が歌えなかった。
そう岩沢は言った。好きな歌が歌えて、音楽が出来ることは例え死後の世界でも幸せなんだろう。

私も岩沢とバンドが出来て嬉しい。

「岩沢…」

「ん?」

「これからもバンドやろうな」

「ああ…やろうな。ひさ子」

後ろから岩沢の背中を抱き締めた。あったかい。

こんなにもあったかいのに、私達は死んでるんだ。

幸せってなんだろう。

愛する人がいて、歌が歌えて、音楽が出来て…これ以上の
幸せはないだろう。

岩沢がいてくれればそれで…

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ