その他

□笑顔
1ページ/1ページ

『友達みたいじゃない?』

『そうね』

どこかで私はこの子に会っていた気がした。

銀色の長い髪に綺麗な琥珀色の瞳。小さな背。白い肌。

「あの…どこかで会ったことありませんか?」

人が行き交う街の中で見掛けた彼女に私は話し掛けた。

「奇遇ね。私もそんな気がしたわ」

こっくりと頷き、抑揚もなく話す彼女。

「私、仲村ゆりって言うの。あなたは?」

「かなで。立花かなで」

「かなでちゃんね。友達にならない?」

「うん。いいわよ」

きっかけはそんな感じで、私とかなでちゃんは出逢った。

世間知らずなかなでちゃんに私は色々なことを教えた。
かなでちゃんはあまり笑うことなかったけど、かなでちゃんはよく笑うようになった。

「ゆり」

かなでちゃんからそう呼ばれるのが私は嬉しかった。

「かなでちゃん」

奏でる、本当にいい名前だと思う。綺麗な名前。

「大好きよ」

「うん。私も好き」

かなでちゃんは笑った。

私も笑った。

かなでちゃんは私の一番の宝物。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ