その他

□浮気者
1ページ/1ページ

泣きじゃくる私に…

『大丈夫、黒子?』

手を差し伸べてくれたのは、お姉さまでした。

いつも私の前を歩き、私を可愛いがってくれて、助けてくれて…

お姉さまは言うなれば、私のヒーロー。

サシヅメ私はヒロインというところでしょうか。

お姉さまはいつも私を守ってくれて、助けてくれます。

お姉さま少し…いや、かなり不器用で。

けれどそれがまた…可愛いらしく。

子供っぽい少女趣味や素直じゃないところ、正義感が強く、優しいところ。

私はお姉さまの全てを愛していますの。

「何にやけてるのよ黒子」

「お姉さま」

「はい」

「お汁粉ですか」

「うん」

お姉さまの空気読めないところの全てが…

「そういやさぁ」

「何ですの」

「黒子黙ってれば可愛いのにねぇ」

「!?」

黙っていれば!?

可愛い!?

「お、お姉さまっ」

「ん?」

「ワンモアプリーズ」

「いやだから黙ってれば」

「その少し後!」

「可愛い」

「いえす!」

ああ、白井黒子。
生きていて至上の至福。

私もうここで死んでも…いい。

「あ、でも佐天さんも可愛いよねぇ」

ピシッ

「…お姉さま」

「へ?」

「ジ
ャッジメントですの!!」

「な、なんで」

「私という者がありながらあー」


浮気者なお姉さまは嫌いですわ。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ