その他

□嫌いのち好き
1ページ/1ページ

子供は嫌いだ。

すぐ泣くし、理論的じゃないし、すぐ懐くし…

兎に角語り出したらキリがない。

実験のためとはいえ、オマケで取った教員免許が役立つなんて露にも思わなかった。

私は教員には向いていない。
教育者より科学者の方が向いているからだ。

人よりも実験の方が好きだし。
繰り返すが子供は嫌いだ。


でも、子供も悪くないと思った。

大人の私が子供に怒られることもあったし、驚かせられたり、からかわれたり…

子供達の笑顔を見るだけで私は幸せだった。


「木山せんせ」

私の名前に先生など付けて、愛くるしく呼ぶ子供が私は好きだった。


特に黄色カチャーシャを付けたこの子が。

「なんだ」

「あのね」

目線を合わせるためにしゃがんだ私の耳元に彼女は耳打ちをした。

『』

「…!?」

繰り返す。

子供は……

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ