その他

□予鈴は本番!
1ページ/1ページ


キーンコーンカーンコーン

シ「あ、なる…」

ア「いきなりどうしたの、シノちゃん?」

シ「別に何でもないぞ?」

ア「あら、そう?いきなりア●ルなんて言い出すからんだもん」

シ「いや…私は本鈴が鳴ると言っただけだが…」

ア「あ、なぁーる!」

シ「…アリア」

ア「なに、シノちゃん?」

シ「じゃ…お、鳴るはオ●ルか…」

ア「よく分かってるわね、シノちゃん」

シ「何となくな…」

ア「ふふっ…」

シ「それより、行かないのか?」

ア「まだ行かないわよ」

シ「私は早く行きたいんだが」

ア「シノちゃん、早くイきたいの?」

シ「あぁ、行きたい。早く行きたい…」

ア「じゃ、私と一緒にイきましょう」

シ「だから、そのつもりだ。一緒に行こうと言ってる」

ア「シノちゃんって昼間っから大胆よね」

シ「はぁ?何でそうなる?」

ア「ふふっ…私はまだイかないわよ」

シ「私は早く行きたい。もう我慢出来ない!」

ア「シノちゃん、早漏?」

シ「だから、何の話だ!しかも、私は早漏じゃない!だいたい私には…と、殿方の…」

ア「もうそれ以上は言わなくていいわ」

シ「うっ…」

キーンコーンカーンコーン


ア「ほら、本鈴なったわよ」

シ「アリアが早くしないから…」

ア「ふふっ、ごめんなさい。イきましょうか?」

シ「あぁ…で、何で入口を塞ぐんだ?」

ア「何故かしら?」

シ「だぁ…ぃて!?」

ア「抱いて?」

シ「どいてって言おうとしたんだが…」

ア「仕方ないわね。任せてシノちゃん!」

シ「いや、だから授業…」

ア「抱いて欲しいんでしょう?」

シ「…ッ」

ア「シノちゃん?」

シ「お、お願いします…!」

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ