短い話

□ゼルダの伝説
1ページ/3ページ




ゼルダ「今日はおにぎりを作ってみました。」

リンク「中身は何です?」

ゼルダ「中身は…秘密ですv」

リンク「秘密かぁ…楽しみです。(正露○要るな…)」

ゼルダ「はい、一口食べてみて下さい」

リンク「頂きますね……………。
……姫、この白米は……………。」

ゼルダ「お酢のご飯です」

リンク「なぜ酢飯に…」

ゼルダ「暑くても腐ってしまわないんですよ。凄いですよね!」

リンク「…そうですね…えー中身は…」

ゼルダ「アロエです」

リンク「……健康に良さそうですね」

ゼルダ「美容にも良いんですって!」

リンク「……………。」








リンク「二個目は何ですか?」

ゼルダ「こっちはのりまき酢飯おにぎりです」

リンク「(また酢…)へぇ…で、中身は」

ゼルダ「創作料理ですv」

リンク「…。(腹が重いな…)」

ゼルダ「早く食べてみて下さい」

リンク「……白米が完全に酢の味ですね……………。」

ゼルダ「ご飯一杯にお酢を一本使ったのが悪かったかしら…」

リンク「あー…それはちょっと悪かったかもしれないですね…」

ゼルダ「次に作る時は注意しますね」

リンク「…はい(駄目かもしれない…)」

ゼルダ「お味はいかがですか?」

リンク「中身…これ、トンカツ…?」

ゼルダ「はい、食べ盛りにはお肉が一番なんですよね!」

リンク「あ、腹痛い…姫、酢と油は……混ぜちゃいけな…ぐふっ」

ゼルダ「あら、リンク?おにぎり片手にお昼寝なんて器用ですね」

リンク「……。」

ゼルダ「疲れてたのかしら?…風邪を引かないよう気を付けて下さいね。
私、お菓子焼いて来ますから」









リンク「……誰か…青い薬…」















30分後、青白い顔の勇者が台所で発見され一週間入院する事となった。




後の、酢飯おにぎり革命である。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ