貴女に捧げる夜

□第三章・匂い
1ページ/8ページ

二学期が始まった。



僕達は、
学校の登下校、
昼休み。
全ての時間を一緒に過ごした。



『お前、嫌になんないの?』



そう友達に言われたけど、
僕は
”なんないよ”
と笑顔で答える。



彼女はワガママで、
少しでも思い通りにならないことがあるとそっぽを向く。



他の女の子と話したり、
休みの日に
友達と約束しようものなら、



『あたしのこと
愛してないの!?』



すごい勢いで怒鳴り散らされて
口を利いてくれなくなる。


”目にあまるものがある”


と、友達は口々に言うけれど
独占欲が強く、ワガママな部分も好きだった。



ただ…



初めての時以来、
僕達の間にセックスはなかった。





ただ






僕は彼女を愛撫し続けた。



挿入はしない。
服も脱がない。



ただ



夢中で彼女を愛撫し続けた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ