短編



あの時…隣で揺らぎあったこと

夕刻になれば君は消えた

名残惜しげにそれは揺れて

そこに温もりを残した君


.
.
.
.
.


けど…


消えてしまった君


でも…

今でも感じるよ


風で揺らぐたびに


君を……


*

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ